日本人だからこそ、着物や浴衣などの和服を着よう

ニューエントリー

注目情報

  • 着物

    kimono
    現在は多くの方が洋服を着用しています、それに…
  • 浴衣

    yukata
    浴衣は、通常の和服(着物)と違い、長襦袢を着…

和服

日本在来の衣類のことを和服といいます。着物と呼ばれることもあります。

現在は、日常的に和服を着る人は少なくなっています。しかし、冠婚葬祭などのイベントでは着用することがマナーとなっている場合もあります。また、浴衣などは夏祭りなどの衣装としても浸透しています。

歴史

rekisi

人が服を着用するようになったのは、縄文・弥生時代とされています。植物繊維などを使用して、糸を紡いでいました。そして、その糸を利用して衣服が作られていました。しかし、当時の衣服についての情報は少なく、一部の魏志倭人伝に記載されているだけです。古墳・飛鳥時代に発掘をされた埴輪は、上下が二部式になっていました。男性は、膝丈のズボンを着用していて、女性は、裾の長いロングスカートを着用していました。これが衣服の始まりとされています。しかし、冠位十二階が定められていたので、着用することが出来るのは貴族など一部の人のみでした。

奈良時代には、中国の唐の影響を受けて前合わせの帯締めが基本スタイルとなりました。鎌倉時代には、現在結婚式で花嫁が着用する打掛が登場しました。また、江戸時代には肩衣と袴が組み合わされた裃が着用されていました。この頃には、庶民も装飾に興味や情熱を持つようになり、和服が着用されていました。明治時代には、産業育成が盛んとなり、製糸工場が建設されました。絹の生産量が高まったことにより、様々な絹の和服が作られるようになりました。また、価格も高価なものではなくなりました。この頃には洋服を着用する文化もありましたが、まだ洋服が高価だった為、和服を着る人の方が多かったのです。

平成の現在は、洋服を着るのが一般となり、和服を着用する機会は冠婚葬祭などのイベントくらいになりました。しかし、アンティーク着物などが女性の中で小さなブームとなっています。様々な生地で着物や帯を作り、重ね着をしたりと新しい着方をする人もいます。

メリット

merit

和服は洋服に比べると、着るのに時間がかかったり動きにくいということから、現在ではあまり着用する機会がありません。しかし、メリットもたくさんあります。

例えば、体型の変化に対応することが出来るということです。洋服は、太ってしまえばボタンやファスナーが閉まらなくなってしまうことがあります。日本服にはボタンやファスナーがありません。帯によってサイズを調節することが出来ます。極端に太ったり極端に痩せてしまえば、着用することが出来なくなってしまう場合もあります。しかし、ある程度であれば調節することが出来るのです。また、仕立てをすることでサイズを変更することも可能です。長年着ることが出来るので、エコな衣服とも言えます。

締めつけ感がないというのも大きなメリットです。日本服を固定するには、帯や紐を使用します。帯を締める腰には多少の締め付けが必要ですが、袖口や首まわりには締め付け感がありません。


おすすめサイト

和服のことなら日本最大級の着物通販サイトで:京都きもの市場
お祭りには欠かせない半纏や浴衣をお求めの方はこちらの通販がオススメです!商品も豊富にそろっているので、探しているものが見つかりますよ。

新着情報

2013/10/15
着物を更新
2013/10/15
浴衣を更新